帯広工高が伐採木の腐朽研究 屋外環境下で調査

2019年11月24日 10時00分

流木の効率的な処理方法探る

 帯広工高は18日、同高近くのまなび野公園で伐採試験木を腐朽させる屋外環境下での調査を開始した。環境土木科の3年生3人が岡本博教諭の指導の下で実施。関係機関と構成するプロジェクト連携メンバーの協力を得ながら、流木の効率的な処理方法を研究していく。

材種や露出環境を変えながら試験木を配置した

 同高は2016年夏の台風災害などで発生した流木を河原で腐朽させ、河川に再循環する研究に取り組んでおり、今回は腐朽菌を植菌した試験木の腐朽度合いを屋外環境下で調査する。

 この調査には、十勝管内の河川を管理する帯広開建や腐朽菌の知見を有する寒地土木研究所、北大などがプロジェクト連携メンバーとして参加。13年度から草地復元や防災授業で連携する市民団体の十勝川中流部市民協働会議と共に実用化に向けた実験に取り組む。

 この日は、流木処理研究をテーマとする臼井竣紀さん、岡林ななみさん、佐々木陸玖さんの3人が調査。岡本教諭や寒地土研職員と、校内実習室で植菌した伐採試験木32本について材種や露出環境を変えながら公園内に整理して配置した。

 今後は、それぞれの腐朽度と腐朽スピードを記録し、木材腐朽菌の効果を測定。流木の効率的な処理、活用方法を探っていく考えだ。

(北海道建設新聞2019年11月20日付7面より)


関連キーワード: 学校 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,966)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,956)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,774)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,623)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,605)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。