冬季五輪フィギュアスケート会場の変更を検討 札幌市

2019年11月29日 10時00分

客席確保に向け人気競技を大型施設に

 札幌市が2030年招致を目指す冬季五輪・パラリンピックのスケート競技で、会場の入れ替えを検討していることが27日、分かった。

 多くの来場が期待される人気競技を大型施設に移す方向で、人気のあるフィギュアスケートは東区のスポーツ交流施設(つどーむ)へ変更する考え。つどーむの客席は仮設で増設するが、アイスリンク設置のため、施設の一部改修も検討する。

 見直し中の開催概要計画では、つどーむで男子アイスホッケーとパラアイスホッケー、南区の真駒内セキスイハイムアイスアリーナでフィギュアとショートトラックを開く予定だった。

 検討案では、つどーむをフィギュア、ショートトラックの会場とし、男子ホッケーとパラホッケーは札幌ドーム周辺に建て替えを計画する新月寒体育館に移行。新月寒体育館で予定していた女子アイスホッケーは真駒内アリーナに変更する考えだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は、既存施設を最大限活用しコストを削減した開催計画を求めている。市はこれを踏まえ計画の見直しを進めていた。

 予定していた真駒内アリーナの建て替えが難しい状況のため、人気の高いフィギュアを約1・1haと広いアリーナのあるつどーむに移し、仮設で1万席以上の客席数確保を検討する。

 つどーむはS一部SRC造2階、延べ1万8883m²の全天候型スポーツ施設。リンクとしての実績がなく、施設改修が必要になる可能性があるが、真駒内の建て替えに比べ施設整備費は大幅な削減が見込める。

 女子ホッケーの客席数はIOCの旧基準を参考に、真駒内アリーナの固定席約6000席で対応できるとみている。

 人気の高い男子ホッケーは女子ホッケー以上の客席確保が必要と見込まれるが、新月寒体育館の設計はこれからで、対応の余地があると判断した。

(北海道建設新聞2019年11月28日付12面より)

北海道建設新聞2019年11月28日付12面では、男子ホッケーとパラホッケーが移行を検討する新月寒体育館に関する記事も掲載しています。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,963)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,956)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,785)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,620)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,599)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。