新幹線渡島トンネル上二股の安全祈願 清水などJV

2019年11月29日 12時00分

 北海道新幹線渡島トンネル上二股工区を施工する、清水建設・岩倉建設・新谷建設・高橋組共同体は22日、八雲町内の仮設ヤードで安全祈願を行った。発注者や工事関係者、来賓ら約100人が出席し、無事故無災害での完工を祈った。

 同トンネルは延長3万2675mで、完成後は国内最長の山岳トンネルとなる見通し。上二股工区は新函館北斗駅側から6番目の工区となる。

 神事では鉄道建設・運輸施設整備支援機構北海道新幹線建設局の依田淳一局長ら5人がカマ、冨原亮道議ら7人がクワ、清水建設の山中庸彦専務執行役員、岩倉建設の鈴木泰至社長、新谷建設の新谷龍一郎社長、高橋組の高橋則行社長の4人がスキを入れ、参列者が玉串をささげた。

スキを入れる施工関係者

 依田局長はトンネル全39工区のうち36工区が契約済み、全体の3分の2が着工したことを報告。「厚沢部と八雲を結ぶ懸け橋となるよう進めたい。地元の協力と理解を」と述べた。

 渡島総合局の佐々木徹局長は「東京五輪などこれまで以上に道南へ来てもらう大きなチャンス。このような機会を捉えながら札幌までの早期整備に取り組みたい」と意欲を見せた。

 施工者を代表し、山中専務執行役員は「6年を越える長丁場。無事故・無災害に努め、品質の高い工事に全力を尽くす」と誓った。


関連キーワード: トンネル 北海道新幹線 新幹線 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,692)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,518)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,477)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,273)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,107)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。