ひらふエリアのリゾート開発に規制 ベッド数に上限設定へ

2019年12月02日 09時00分

 倶知安町は27日に開いた観光振興計画・観光地マスタープラン策定検討会で、リゾート開発が進むひらふエリアについて、エリア全体のベッド数に上限を設け、規制・調整する考えを示した。

 町の調査では、同エリアのベッド数は現在1万4000床。明らかになっている開発計画やスキー場のリフト輸送能力から算出される利用者数に基づき、ベッド数の上限を設定し調整する。

 規制については、同エリアが準都市計画区域であることから、建ぺい率を見直すことで建物規模を抑えることを検討。さらに学識経験者や建築士などで構成する第三者委員会を設け、開発に関する審査を視野に入れる。

 町による規制には限度があるものの、一定の効果があるとみている。

 マスタープランは2020―31年度を事業期間とし、20年2月までに策定する予定。プランにはベッド数の上限設定について盛り込むが、規制や調整の手法に関しては20年度に検討を進めるもようだ。


関連キーワード: スポーツ 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,896)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,083)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,803)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,349)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,176)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。