札幌市が冬季五輪招致活動スケジュール示す

2019年12月03日 10時00分

東京五輪終了後めどに

 2030年の冬季五輪・パラリンピックを目指す札幌市は11月29日、招致プロセス見直し後の招致活動スケジュールを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)が22年に候補地を決定することを想定し、20年の東京五輪終了後をめどに、開催概要計画や財政計画の見直しを終える方針だ。並行して東京大会を通じ機運醸成を図る。

 同日の冬季五輪・パラリンピック招致調査特別委員会に報告した。

 IOCは立候補都市の減少や辞退の増加を踏まえ、招致プロセスの見直しを進めていた。日本オリンピック委員会(JOC)は11月8日、新たな招致プロセスとして夏、冬の大会別に設置する将来開催地委員会が、対話を通じ都市の関心状況を理事会に報告し、候補地を選定する流れを示した。

 開催都市と同委員会の対話は2段階に分かれ、継続的に行う第1段階の対話から、第2段階に進む都市を理事会に推薦。第2段階は特定の大会について対話を進める。

 対話を通じた委員会評価の報告書を基に、理事会が優先候補地を総会に提案し、決定の運びとなる。

 市は原則7年前の規定が削除されたことを受け、22年決定を想定。21年に第2段階の対話に入ることを見込み、20年の招致体制確立を目指す。

 このため、開催概要計画や財政計画は、市民対話の意見を反映しながら東京五輪後をめどに見直しを終える。

 並行して、オールジャパン体制を確立できるよう国や関係機関と協議、調整を進める。

(北海道建設新聞2019年12月2日付10面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • オノデラ
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,336)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,866)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,664)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,475)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,458)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。