名寄市の立地適正化計画を支援 北大大学院・森傑教授

2019年12月03日 12時00分

ロードマップ組んで機能向上

森傑教授

 管理の都市計画から集約の立地適正化計画に踏み込む名寄市を支援した北大大学院工学研究院の森傑教授。道内の市町村は「人間に例えると、若い頃に暴飲暴食し太った結果、自重を支えられず体を痛めて走れない60歳。そこでどうダイエットするかがこれからの時代。ただ体重を落とすだけでは体力は戻らない。脂肪を減らし内臓を整え、もう一度走れる体を目指すのが立地適正化計画」と話す。

 名寄市の都市計画マスタープラン見直し案・立地適正化計画案説明会で、両計画のアドバイザーを務め計画趣旨を解説した。

 都市計画はそもそも人口増加時代に街の無秩序な拡大をコントロールする手段。立地適正化計画は、人口減少時代に合うよう街を集約するため目標の姿を定めるものと分類する。名寄市は1960―95年に人口集中地区が広がった一方、総人口は減少。集中地区といっても「極端な話、タワー型マンション3つで収まる」ほど低密度で、市は駅前エリアに誘導区域を絞り選択と集中を図った。

 他の市町村でも計画策定を支援する。割合多いのは「現状の都市計画区域がほぼ誘導区域という自治体。その中で、名寄市は思い切った計画案でまっとう。本来の趣旨に沿っている」と評価。成案のめどが立ち「ここまでは大抵できる。これからは、最初に肝臓か心臓かと、どの機能を高め、どのぜい肉を落とすという話。ロードマップをしっかり組まねば、無理なダイエットで結局は体を壊す。そこに注力を」と念を押す。計画期間が39年度までと長く、社会変化に対応する柔軟性、部署を横断した組織体制による一貫した実行力も期待した。(旭川)

(北海道建設新聞2019年12月2日付8面より)


関連キーワード: まちづくり 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,559)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,482)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,151)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。