北斗市長が八雲の道新幹線トンネル掘削土受け入れを承認

2019年12月15日 10時00分

 北斗市の池田達雄市長は11日の定例記者会見で、北海道新幹線トンネル工事に伴い、八雲町内で発生する掘削土の受け入れを認め、鉄道建設・運輸施設整備支援機構に通知したことを明らかにした。

池田市長は住民の安全安心を約束した

 池田市長は、学識経験者で構成する第三者委員会のリスク評価をはじめ、説明会による地域住民や関係団体の安全性への理解、市議会調査特別委員会の理解などを踏まえ、総合的に判断したことを説明した。

 また、市民の安心を高める取り組みとして、機構には大野川の水質検査や、受け入れ地周辺の適切なモニタリング期間の設定などの検討を要請するとした。

 その上で「北海道新幹線函館―札幌間の開業は道民の総意。安全・安心な市民生活獲得に努める」と決意を示した。

 八雲町の掘削土の受け入れ開始は2020年春を予定する。
 また、掘削発生土を受け入れるトンネルのうち二股トンネル(八雲町)については、20年1月にリスク評価の実施を予定し、安全性を確認する。

(北海道建設新聞2019年12月13日付15面より)


関連キーワード: トンネル 北海道新幹線 新幹線 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 川崎建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,448)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,035)
旭川―芦別間バス廃止で代替交通実証実験へ 旭川市...
2021年05月28日 (1,137)
カレスサッポロの医療センター 病院にホテルやオフィ...
2019年10月13日 (959)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (916)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 試される木造
道内へ忍び寄る
ウッドショック
new

ウッドショックの構造をひもとくとともに、対応に追われる道内企業の最前線に迫った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。