本道IR誘致へ今後も尽力 ハードロック・ジャパンが表明

2019年12月17日 12時00分

引き続き雪まつりに協賛 19年2月に大雪像を製作へ

 鈴木直道知事がカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致見送りを判断したことに関して、ハードロック・ジャパン(本社・東京)は13日、「今後も北海道へのIR誘致のために全力を尽くしたい」とするコメントを発表した。同時に、来年2月の「第71回さっぽろ雪まつり」に協賛し、前回に続いて大雪像を製作すると表明した。

 同社は、IR運営業者として参画を目指していた米ハードロック・インターナショナルの日本法人で、今春苫小牧市内に拠点を開設している。

 11月29日の見送り表明について「弊社としては大変残念」と述べた上で、IRについて道民の理解を得られるよう今後も活動すると強調。「道内外の関係各所とIR実現に向けたコミュニケーションをとっている」とした。

 道民に対して「あらためて誘致についてご検討いただき、北海道にとってふさわしいIRの実現を切望」していると結んだ。苫小牧の事務所存廃については触れなかった。

 一方、雪像についてはアイヌ民族の神話をモチーフにデザインし、高さ12m、横幅20m、奥行き15mを計画している。「ALL IS ONE ~世界のはじまり、アイヌ物語~」と題し、大通西4丁目会場に設置。イベント期間中、日没後には大雪像を使ったプロジェクションマッピングショーも催す予定だ。

(北海道建設新聞2019年12月16日付2面より)


関連キーワード: IR 海外

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,143)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,300)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,582)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,024)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,620)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。