倶知安町が景観行政団体への移行を検討

2019年12月17日 10時00分

新幹線駅開業踏まえ

 倶知安町は、景観行政団体への移行を検討する。2030年の北海道新幹線駅の開業などを踏まえ、新駅を核とする市街地整備がこれから始まることや観光・リゾートのまちにふさわしい景観形成を目的に、全町をエリア分けして方向性を定める。早ければ、20年度から策定に向けた準備に取り掛かる考えだ。

 町内における景観法に基づく届け出は、景観行政団体である道の北海道景観条例に基づき、北海道景観計画の羊蹄山麓広域景観形成推進地域として建築物、工作物の高さや面積、開発行為の面積の規模が定められ、後志総合局に届け出ることになっている。

 一方で、町はひらふのスキー場周辺に広がる花園、山田、樺山など約2300haを準都市計画区域の景観地区として指定。さらに12地区に分けて建築物の建ぺい率や高さ、開発行為、外観の色彩などを規制して町に届け出る方法を取っている。

 景観行政団体に移行すると、建築物や工作物、開発行為やこれらに関する外観の色彩などについて、独自の規模やルールに基づく届け出を町で受け付けることになり、街並みや景観の調和に向け、届け出者との調整が可能になる。

 3月時点で、道内では18自治体が独自に景観行政団体となっていて、後志管内では小樽市と黒松内町が移行済みだ。

 ニセコ町は、08年の道の景観条例施行に先立つ形で、04年から町独自の景観条例を運用している。

(北海道建設新聞2019年12月16日付11面より)


関連キーワード: まちづくり 北海道新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。