空飛ぶクルマの未来語る 経産局が札幌市でイベント

2019年12月23日 10時00分

 北海道経済産業局は1月17日、札幌ドームで「空飛ぶクルマの未来を語る」と題した無料イベントを開く。人を乗せて飛ぶ大型ドローンを開発しているスカイドライブ(本社・東京)の技術者らを招き、関係各者のプレゼンテーションと討論を公開する。

実用化のイメージ図(経産省サイトから)

 時間は午後1時から3時まで。デロイトトーマツコンサルティングの海野浩三シニアマネジャー、スカイドライブの山本賢一技術渉外責任者、ビヨゴンピクチャーズの寺嶋章之社長、ジップインフラストラクチャーの須知高匡CEOが、1人約20分の持ち時間でプレゼンテーション。その後、4者が「北海道発!空飛ぶクルマと未来のモビリティ」と題して討論する。

 経済産業省は昨年、国土交通省とともに飛行可能な車の開発を後押しするためのロードマップを発表。これによると2023年ごろに事業としてスタートし、30年代から本格的な実用化に入ることを目指す。

 当日の札幌ドームは自動車業界の大型展示会「札幌モーターショー2020」の初日に当たり、集客の相乗効果を見込む。定員200人で先着順。参加希望者は1月15日までに所属、氏名を明記して電子メール(flying_car_initiative@tohmatsu.co.jp)で申し込む。

 問い合わせは製造・情報産業課、電話011(700)2253まで。

(北海道建設新聞2019年12月20日付2面より)


関連キーワード: 乗用車 地域交通

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,191)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,936)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,086)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,747)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,507)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。