高さ45m 釧路空港で進入灯老朽化対策現場を公開

2019年12月23日 12時00分

 釧路開建は18日、釧路空港17側進入灯橋梁老朽化対策の現場を公開した。全国でも数少ない高さ45mにもなる橋梁型進入灯が施工対象。付近で飛行機が離着陸する環境の中、高所作業の安全に配慮しながら塗装塗り替えなどの工事を進めている。

 釧路空港滑走路北側に位置する17側進入灯橋梁[MAP↗]は、1985、89年に整備された橋梁591mの7径間トラス式鋼橋。建設から35年が経過し、塗装の剥離などが進んでいたため、老朽化対策として塗装塗り替えの実施を決めた。滑走路側のP3、P4橋脚と橋梁部分のうち2径間、159mを対象としている。

着陸態勢の飛行機と足場がかかった進入灯

 空港が丘陵地に位置することから、進入灯の橋脚はP4で14階建てのビルに相当する45mの高さに達する。同開建によると、この高さの進入灯橋梁を有しているのは釧路空港のほかは広島、高松空港だけだという。

 受注者は旭川建装で、工期は来年2月まで。工事概要は橋梁部と橋脚部の部分塗装塗り替えのほか、土留め壁の擁壁コンクリート補修や台座コンクリート補修など。

 施工箇所が高所であるほか、既設塗装を剥離した際の粉末や塗装剤が外部に漏れないよう足場をコンパネで覆うことから、釧路労基署への強度計算書提出や足場設置などに要した期間は合計4カ月に上った。

足場内では部分塗装作業が進められている

 合計1500カ所以上となる橋梁、橋脚の塗装には、空気と水が鋼材に触れるのを防ぎ劣化を最小限にできる超厚膜エポキシ樹脂塗料を採用。海風も吹くため、下塗りから上塗りも含めて5層の塗装で塩害を抑制する。

 現場代理人を務める安藤博之工事次長は「塗装膜は鉛を含有しており、防じんマスクを使用するほか、エアシャワーやクリーンルームの設置など安全対策を徹底している」と説明。さらに塗装剤などの飛散防止として、足場を囲うコンパネにシートを貼り付けている。

 また、現場が高所にあり、強風が吹くと危険を感じるほどの横揺れが生じることから、風速次第で作業中止を判断するなど、状況に合わせた対応を取り、安全確保に努めている。


関連キーワード: 塗装 橋梁 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,986)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,036)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,638)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,427)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,295)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。