ウポポイの主要施設がほぼ完成 資料展示へ準備

2019年12月24日 12時00分

開発局が施設内部を公開

 2020年4月の開業を控えた民族共生象徴空間(ウポポイ)[MAP↗]で、国立アイヌ民族博物館など主要施設がほぼ完成した。ポロト湖周辺に溶け込むようにデザインされた各施設では、内装や展示プログラムの準備が進められている。

 北海道開発局は19日、アイヌ文化復興拠点となる施設の内部を公開。内閣官房アイヌ総合政策室と文化庁、アイヌ民族文化財団の各担当者らが施設や体験プログラム、展示内容などを説明した。

 中核施設となる国立アイヌ民族博物館はS造、3階、延べ8600m²で、2階に基本展示室と特別展示室を設けた。基本展示室では言語や歴史、暮らし、仕事、信仰、交流の6つのテーマで、伝統的な衣類など700点以上の資料を展示するほか、アイヌ語の音声ガイダンスでも説明する。特別展示室は2カ月ごとに展示内容を変え、9月には海外の資料を展示する予定だ。資料は津波など自然災害から守るため、全て2階に集めた。

博物館の歴史展示ではアイヌ史に関係する樺太アイヌの移住など重要な年号が記されている

 年内に完成予定の体験交流ホールはS造、2階、延べ1667m²で、536人を収容。ポロト湖畔を借景するステージ上では、古式舞踊やムックリなどの演奏を披露する。借景窓を閉じるとプロジェクションマッピングを演出できる。

古式舞踊やムックリなどの演奏が披露される体験交流ホール

 博物館設立準備室の佐々木史郎主幹は「存在感のある博物館になった。基本展示も常にリニューアルを繰り返し、公園と施設の両方でウポポイを楽しんでもらいたい」と話した。

 16日に修学旅行など学校関係の予約が始まった。アイヌ民族文化財団によると、すでに250校ほどの予約が入っているという。(苫小牧)

(北海道建設新聞2019年12月23日付9面より)


関連キーワード: アイヌ文化 文化施設 胆振 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,229)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,146)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,561)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,279)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,102)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。