IR誘致の判断プロセスに不満 苫小牧市長、知事と面談

2019年12月24日 14時00分

 岩倉博文苫小牧市長は23日、道がカジノを含む統合型リゾート(IR)の今回の申請を見送ると表明してから初めて、道庁本庁舎を訪れ、鈴木直道知事と面談した。岩倉市長は、道が環境影響評価の考えを示した時期について「あまりにもぎりぎりのタイミングだった」と判断プロセスに不満をあらわにした。

IR誘致見送りに対して意見を述べる岩倉市長(右)

 IRの誘致を巡っては、鈴木知事が候補地である苫小牧市植苗地区の環境評価が区域整備計画の申請期間である2021年7月末に間に合わないことを考慮し、申請を見送ると表明。一方で、IRの経済効果が大きいことから、今後の誘致も見据えて準備を続けるとしている。

 鈴木知事は、環境影響評価の状況次第で着工できない可能性があったことから「大きなリスクを抱えたまま誘致に挑戦することは、多くの人の理解を得ることができない」と誘致を見送った理由を説明。「IRは北海道のピンチをチャンスに変える原動力」との認識を示し、今後も誘致に向けて取り組むことを強調した。

 岩倉市長は「突然のように、終盤で環境アセスメントの考えを示した」と進め方に不満を隠さなかった。「道と連携しながら状況を見守るが、正直言って7年後、投資意向を持っている事業者は無理だろう」と民間事業者の関心が今後も続く見通しがないと訴えた。

(北海道建設新聞2019年12月24日付1面より)


関連キーワード: IR

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。