都市景観賞に「大三坂ビルヂング」を選定 函館市

2019年12月26日 12時00分

 函館市は第23回都市景観賞に、蒲生商事(本社・函館)が所有する伝統的建造物を活用した複合施設「大三坂ビルヂング」を選定した。応募総数21者の中から唯一の受賞。現代の暮らしと調和していることや、函館らしい景観の形成に寄与している点が受賞の決め手となった。

伝統的建造物を再生し、函館の景観形成に寄与している

 末広町18の25[MAP↗]の同ビルは、仁寿生命函館支店として1921年に完成。W一部土蔵造、2階、延べ329m²の規模で、蒲生商事の事務所のほか、シェアオフィス、ゲストハウス、レストランなどが入居し、地域住民に親しまれている。

 古民家再生などを手掛ける箱バル不動産(本社・函館)が元所有者から維持保全に関する相談を受け、蒲生商事が建物を取得。市の伝統的建造物の指定を受けた上で、2016年から17年にかけてリノベーションした。

 設計監理は箱バル不動産の副代表社員である富樫雅行建築設計事務所の富樫雅行代表が担当し、山建中川組が施工した。地域住民など100人以上が工事に携わったほか、クラウドファンディングで工事費の寄付も募ったという。

 20日に市役所で開いた表彰式には、箱バル不動産の代表社員を務める蒲生商事の蒲生寛之常務と富樫氏が出席し、工藤寿樹市長らから表彰状を受け取った。

 蒲生常務は「たくさんの方が関わって再生させたことを評価していただきうれしい」と話す。

 伝統的建造物に指定されていなくても価値のある建物は眠っているとし、「異業種と連携しながら函館ならではの新たな価値やイノベーションを生み出したい」と今後を展望している。(函館)

(北海道建設新聞2019年12月25日付9面より)


関連キーワード: 景観 歴史的建造物 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,094)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。