五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ

2020年01月05日 10時00分

札幌市が6工区に分け1月下旬に公告へ

 札幌市は2020年東京五輪のマラソン、競歩コースのうち、市が管理する道路の整備を20年1月下旬に公告する予定だ。約9・4㌔を6工区に分け、舗装の切削オーバーレイを施す。総合評価の実績評価Ⅰ型に一括審査を組み合わせた方式を採用。工期が短いなど制約が多いため技術力を評価しながら、1つの企業が重複受注することを回避する。工期は5月末までの約120日間とする。

 コースのうち、市が管理する道道・市道は約12・1㌔。直近に整備済みの道路や状態の良い道路を除き、整備する。

 工事内容は4cm程度の路面切削、車道舗装、排水構造物の修正。発注は総合評価実績評価Ⅰ型の評価項目を採用しながら一括審査を適用する珍しい方式を採用する。

 開札は1月下旬を予定し、2月末の契約を見込む。契約後、3月から調査や測量を進め、4月早々の着工をイメージする。6月にコースの最終チェックなどが想定されるため、工期は5月末までを設定する。

 競技日程は8月6日から大会最終日までの4日間。大通公園を発着地に、マラソンは市内中心部を変則的に3周するコースで、すすきのや中島公園、北大、道庁赤れんが庁舎などを巡る。競歩は札幌駅前通を周回する。市はコース整備費として7億円の債務負担行為を設定済みだ。

(北海道建設新聞2019年12月26日付10面より)

 北海道建設新聞2019年12月26日付10面では、記事のほか、対象工事の発注見通しとして、路線ごとの工事場所、工事概要、金額を箇所付けで掲載しています。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: さっぽろ圏 五輪 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,178)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,388)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。