暗渠清掃ロボ改良し下水管の劣化調査実験 川崎建設など

2020年01月10日 14時00分

 川崎建設(本社・京極)と玉野総合コンサルタント(本社・名古屋)はこのほど、苫小牧市内で特殊な装置を使った下水道管の実験調査をした。調査が困難な圧送管内の様子をカメラで撮影し、劣化具合を確認した。

調査装置を手に圧送管入り口まで降りる作業員

 装置は、川崎建設が暗渠清掃ロボットとして独自に開発、施工に活用している「きょうごくロボ」がベース。業務を通じ、関係性を持った玉野総合コンサルタントと共同で改良している。

 カメラの解像度向上などハード面は川崎建設、広報活動や実験の手配などソフト面は玉野総合コンサルタントが担当する。

 細長い形状で、電力を供給するケーブルの先端に管内を撮影するカメラとLEDライトを備える。また、水を後方に噴射し推進力を得るため送水ケーブルを接続し、撮影と並行して高圧洗浄の効果も期待できるという。

 撮影した映像はモニターに映し出されるほか、Wi―Fiを通して複数台のスマートフォンでも見ることができる。リモコンでカメラを動かし広い範囲を見渡すことも可能だ。

 調査は12月17日、錦岡の錦多峰川に架かる橋梁に添架する圧送管で実施。腐食しやすいダクタイル管15mを含む、約60mを調査した。管径が100㍉ほどと小さく、一度に長距離を調べる必要があるため、これまで本格的な調査は難しかった。

 装置は10分ほどで60m地点まで走行。管内に濁水がたまり撮影が困難だったが、作業員が水を抜き、管壁の撮影に成功。腐食や大きな堆積物がなく、問題がないことを確認した。

 実験を終え、玉野総合コンサルタントの源田吉則上下水道部長は「管内での走行性能は確認できた。改良を重ね、全国に約1万㌔ある圧送管の管理に困っている自治体を手助けしたい」と展望を示した。(苫小牧)

(北海道建設新聞2020年1月9日付11面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,181)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,935)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,087)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,744)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,507)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。