小樽市が3つ目の日本遺産登録へ ストーリー案を作成

2020年01月12日 10時00分

運河や防波堤など土木遺産も構成文化財に

 小樽市は日本遺産登録に必要な歴史ストーリー案などをまとめた。単一自治体による地域型の申請で、タイトルは「北海道の心臓と呼ばれたまち小樽 民の力で創(つく)られ、よみがえった北の商都」。構成文化財は、旧手宮鉄道施設や小樽港北防波堤など36件の有形・無形文化財を挙げた。道教育局を通じて、24日に文化庁に申請書を提出する。

 7日に市役所で開いた日本遺産推進協議会(会長・迫俊哉市長)で明らかになった。日本遺産認定は、複数自治体にまたがるシリアル型と単一自治体による地域型に分類。小樽市は、すでにシリアル型で「北前船寄港地」と「炭鉄港」が認定を受けていて、今回の地域型で3つ目の認定を目指している。

 申請には、市全体の歴史ストーリーと構成文化財一覧、認定後の地域活性化計画が必要で、同協議会のワーキンググループを中心に2019年3月から原案の取りまとめを進めていた。

 歴史ストーリー案では、港と鉄道で栄えた小樽市の歴史を現存する建築物などで紹介するほか、日本銀行小樽支店や旧三井銀行小樽支店などがあるビジネス街区[MAP↗]を近代建築の博物館の側面でも注目。このほか、広井勇氏や中島鋭治氏などが手掛けた大型土木構造物[MAP↗]、市民が保存運動を主導した小樽運河[MAP↗]も構成文化財に加えた。

 地域活性化計画案は、総観光客数が19年度比で10万人増、宿泊客延べ数が6万人増をそれぞれ想定。建設関連では、主要拠点への多言語案内板新設、建築士事業協会と連携した未調査文化財調査・研究、歴史的建造物の修繕補助などを盛り込んだ。

(北海道建設新聞2020年1月9日付11面より)


関連キーワード: 土木 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (3,035)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,142)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,832)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,423)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,153)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。