道産食品の販路開拓 欧州への航空貨物輸送実験始まる

2020年01月15日 10時00分

新千歳とヘルシンキ結ぶフィンエアー

 道は10日、欧州への航空貨物輸出実証事業で輸送実験を開始した。新千歳とフィンランド・ヘルシンキを結ぶフィンエアーの就航決定を受け、道が同線の貨物スペースを借り上げて輸出入を希望する荷主に提供。道産食品の輸出拡大を目指し課題を把握する。初回はバイヤー向け商品などを輸送した。実証実験は2月までに計3回を予定する。

欧州での販路開拓へ初便が飛んだ

 フィンエアーは2019年12月16日から本道と欧州を結ぶ定期航空路線として、17年ぶりに就航した。20年3月27日までの冬ダイヤ、3月30日から10月22日の夏ダイヤともに週2便の運航を計画する。所要時間は新千歳からヘルシンキが9時間35分、ヘルシンキから新千歳が日欧最短の8時間55分。

 道は就航決定を受け、19年6月に実証事業の委託事業者を公募型プロポーザルで募集し、10月に北海道総合研究調査会(HIT)と契約。発注から納品までに要する時間、コスト、通関手続き、荷主・買い手の満足度などを検証する。事業費は1000万円。

 初回の輸送実験では、イタリア・ミラノのバイヤー向け道産食品として、みそ、しょうゆ、ノリ、シイタケ、水などのほか、ヘルシンキでの就航記念レセプションで提供する道産のコメ「ななつぼし」、日本酒、ワイン、ホタテなど8事業者の30品目を積み込んだ。

 道総合政策部航空課の中尾敦課長は「北海道にとって大きなビジネスチャンス。課題を点検し、輸出のメリットを事業者に伝えたい」と話した。

(北海道建設新聞2020年1月14日付10面より)


関連キーワード: 北海道庁 海外 海外市場 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,202)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,346)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,491)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,868)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,793)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。