北海道エアポートが道内7空港のビル経営を開始 

2020年01月15日 13時30分

 北海道エアポート(千歳市美々987の22、蒲生猛社長)は、きょう15日から道内7空港のビル経営を始める。対象となるのは旅客ビルや貨物ビル。これまで運営していた各社は同社の子会社となり、今後は両者が一体的になってビルの経営に取り組む。18日には経営開始の記念式典を新千歳空港などで開催する。

 北海道エアポートは、北海道空港、三菱地所、東急、日本政策投資銀行、北洋銀行など17社が出資した特別目的会社(SPC)。2019年10月31日に国、道、旭川市、帯広市と実施契約を締結。30年間にわたり新千歳、旭川、稚内、釧路、函館、帯広、女満別の7空港を一括して運営する。

空港ビルのさらなる活況を目指す。写真は新千歳空港ターミナルビル内

 ビル経営開始に伴い、各空港の旅客ビル、貨物ビルを運営していた新千歳空港ターミナルビルディング、札幌国際エアカーゴターミナル、旭川空港ビル、稚内空港ビル、釧路空港ビル、函館空港ビルデング、帯広空港ターミナルビル、女満別空港ビルの株式を取得。子会社化した。

 18日は、各空港で記念式典を行った後、新千歳空港でパートナーシップ協定の調印式などを予定。

 今後は、6月1日に新千歳、10月1日に旭川、21年3月に稚内、釧路、函館、帯広、女満別の滑走路なども含めた運営をそれぞれ開始する。

(北海道建設新聞2020年1月15日付1面に掲載) 

 


関連キーワード: 空港民営化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,180)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。