北海道エアポートが道内7空港のビル経営を開始 

2020年01月15日 13時30分

 北海道エアポート(千歳市美々987の22、蒲生猛社長)は、きょう15日から道内7空港のビル経営を始める。対象となるのは旅客ビルや貨物ビル。これまで運営していた各社は同社の子会社となり、今後は両者が一体的になってビルの経営に取り組む。18日には経営開始の記念式典を新千歳空港などで開催する。

 北海道エアポートは、北海道空港、三菱地所、東急、日本政策投資銀行、北洋銀行など17社が出資した特別目的会社(SPC)。2019年10月31日に国、道、旭川市、帯広市と実施契約を締結。30年間にわたり新千歳、旭川、稚内、釧路、函館、帯広、女満別の7空港を一括して運営する。

空港ビルのさらなる活況を目指す。写真は新千歳空港ターミナルビル内

 ビル経営開始に伴い、各空港の旅客ビル、貨物ビルを運営していた新千歳空港ターミナルビルディング、札幌国際エアカーゴターミナル、旭川空港ビル、稚内空港ビル、釧路空港ビル、函館空港ビルデング、帯広空港ターミナルビル、女満別空港ビルの株式を取得。子会社化した。

 18日は、各空港で記念式典を行った後、新千歳空港でパートナーシップ協定の調印式などを予定。

 今後は、6月1日に新千歳、10月1日に旭川、21年3月に稚内、釧路、函館、帯広、女満別の滑走路なども含めた運営をそれぞれ開始する。

(北海道建設新聞2020年1月15日付1面に掲載) 

 


関連キーワード: 空港民営化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (17,083)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,655)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (7,237)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,979)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (4,160)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。