移転候補地は余市IC付近が高評価 余市町道の駅再編

2020年01月25日 10時00分

 余市町は道の駅再編・余市IC周辺地域の活性化に向けた、官民連携事業調査の概要を明らかにした。道の駅の移転候補地として、旧協会病院跡地、都市公園予定地、余市IC[MAP↗]出入り口付近の3カ所があり、余市IC付近が最も高い評価を得た。調査結果は3月までに報告書としてまとめる。整備場所は2020年度以降、整備構想策定作業の中で決定する方針だ。

 道の駅は黒川町6丁目4[MAP↗]にあり、駐車スペースの一部を隣接するニッカウヰスキー余市蒸溜所から無償貸与されている。ニッカは生産設備増強に向け土地を使用するため、20年4月以降の賃借契約を更新しないことになった。

 調査はパシフィックコンサルタンツに委託して進めている。再編整備の候補地は、ある程度まとまった土地で、交通量が見込まれる場所を抽出。都市計画法など法規制への対応をはじめ、地域連携・振興や防災、民間事業者参画の可能性など市場性、公共交通利便性、整備地周辺の生活環境への影響や施設配置、土地取得といった実現可能性など各視点を数値化して評価した。

 現在の道の駅に近い大川町の旧協会病院跡地[MAP↗](約0・6ha)、黒川町の国道5号と道道余市赤井川線の交点付近で計画している都市公園予定地[MAP↗](最大約2・5ha)、登町の余市IC出入り口付近(最大約4・7ha)の3カ所を評価し、余市IC付近が最も高い評価を得た。

 このほか、委託業務では町の現状と課題、余市IC開業による交通環境の変化、総合計画など各種関連計画での道の駅の位置付け、道の駅整備のメリットなどを検討。「広域観光促進および産業振興のための拠点」「後志地域の交通結節点の形成」「町民の交流の場の形成」を整備方針とした。

 これに基づき、道の駅導入の方向性として①広域情報発信機能②交通結節点機能③地域コミュニティー機能④地域連携・振興機能⑤休憩機能⑥防災機能―を打ち出した。

 また、道の駅再編整備に限らず、民間事業者参画を促すための事業参画提案制度の制定を検討し、事業者選定の指針を定める方針だ。

(北海道建設新聞2020年1月23日付11面より)


関連キーワード: 後志 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,113)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,479)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,451)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,087)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。