移転候補地は余市IC付近が高評価 余市町道の駅再編

2020年01月25日 10時00分

 余市町は道の駅再編・余市IC周辺地域の活性化に向けた、官民連携事業調査の概要を明らかにした。道の駅の移転候補地として、旧協会病院跡地、都市公園予定地、余市IC[MAP↗]出入り口付近の3カ所があり、余市IC付近が最も高い評価を得た。調査結果は3月までに報告書としてまとめる。整備場所は2020年度以降、整備構想策定作業の中で決定する方針だ。

 道の駅は黒川町6丁目4[MAP↗]にあり、駐車スペースの一部を隣接するニッカウヰスキー余市蒸溜所から無償貸与されている。ニッカは生産設備増強に向け土地を使用するため、20年4月以降の賃借契約を更新しないことになった。

 調査はパシフィックコンサルタンツに委託して進めている。再編整備の候補地は、ある程度まとまった土地で、交通量が見込まれる場所を抽出。都市計画法など法規制への対応をはじめ、地域連携・振興や防災、民間事業者参画の可能性など市場性、公共交通利便性、整備地周辺の生活環境への影響や施設配置、土地取得といった実現可能性など各視点を数値化して評価した。

 現在の道の駅に近い大川町の旧協会病院跡地[MAP↗](約0・6ha)、黒川町の国道5号と道道余市赤井川線の交点付近で計画している都市公園予定地[MAP↗](最大約2・5ha)、登町の余市IC出入り口付近(最大約4・7ha)の3カ所を評価し、余市IC付近が最も高い評価を得た。

 このほか、委託業務では町の現状と課題、余市IC開業による交通環境の変化、総合計画など各種関連計画での道の駅の位置付け、道の駅整備のメリットなどを検討。「広域観光促進および産業振興のための拠点」「後志地域の交通結節点の形成」「町民の交流の場の形成」を整備方針とした。

 これに基づき、道の駅導入の方向性として①広域情報発信機能②交通結節点機能③地域コミュニティー機能④地域連携・振興機能⑤休憩機能⑥防災機能―を打ち出した。

 また、道の駅再編整備に限らず、民間事業者参画を促すための事業参画提案制度の制定を検討し、事業者選定の指針を定める方針だ。

(北海道建設新聞2020年1月23日付11面より)


関連キーワード: 後志 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,220)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,383)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (1,782)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。