道内スーパーの店舗数が減少 小型店の落ち込み顕著に

2020年01月28日 12時00分

 人口減少が止まらない本道で、スーパーマーケットの店舗数が減り続けている。全国スーパーマーケット協会がこのほど公開した調査結果によると、2019年12月末時点の道内スーパーは1132店で、年間を通して14店減った。前年末比でマイナスになるのは17年以来3年連続。19年は、これまで3―6店だった減少幅が大きくなった。

 変化が目立つのは売り場面積1000m²以下の小型店だ。13年末の194店から17年末の247店まで毎年増加したが、18年末は244店に減少。昨年末時点ではさらに7店少ない237店だった。

 また、主に1000m²超の中型店は805店で、1年で8店減った。マイナスは4年連続。一方で、郊外型総合スーパーなどの大型店は90店でここ4年間ほとんど変化はない。

 全国ベースの数字を見ると、まだ縮小トレンドには入っていない。全国の店舗数は15年2月に2万1000店を超え、その3年半後の18年10月に2万2000店台に到達。19年は2万2200店前後で横ばいだった。

 同協会は「オール日本スーパーマーケット協会」「日本スーパーマーケット協会」と業界3団体合同でスーパーの店舗数や業況を調べ、サイト「統計・データでみるスーパーマーケット」を通じて結果を公表している。3団体には444社が(重複除く)加盟する。

(北海道建設新聞2020年1月27日付2面より)


関連キーワード: 商業 商業施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,330)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,536)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,502)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,352)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,059)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。