道内スーパーの店舗数が減少 小型店の落ち込み顕著に

2020年01月28日 12時00分

 人口減少が止まらない本道で、スーパーマーケットの店舗数が減り続けている。全国スーパーマーケット協会がこのほど公開した調査結果によると、2019年12月末時点の道内スーパーは1132店で、年間を通して14店減った。前年末比でマイナスになるのは17年以来3年連続。19年は、これまで3―6店だった減少幅が大きくなった。

 変化が目立つのは売り場面積1000m²以下の小型店だ。13年末の194店から17年末の247店まで毎年増加したが、18年末は244店に減少。昨年末時点ではさらに7店少ない237店だった。

 また、主に1000m²超の中型店は805店で、1年で8店減った。マイナスは4年連続。一方で、郊外型総合スーパーなどの大型店は90店でここ4年間ほとんど変化はない。

 全国ベースの数字を見ると、まだ縮小トレンドには入っていない。全国の店舗数は15年2月に2万1000店を超え、その3年半後の18年10月に2万2000店台に到達。19年は2万2200店前後で横ばいだった。

 同協会は「オール日本スーパーマーケット協会」「日本スーパーマーケット協会」と業界3団体合同でスーパーの店舗数や業況を調べ、サイト「統計・データでみるスーパーマーケット」を通じて結果を公表している。3団体には444社が(重複除く)加盟する。

(北海道建設新聞2020年1月27日付2面より)


関連キーワード: 商業 商業施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,089)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,705)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,223)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,753)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,424)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。