「なつぞら」効果で過去最高に 十勝の観光入り込み客数

2020年01月30日 09時00分

19年度上半期は753万人 一方外国人宿泊客は減少

 十勝総合局は、2019年度上半期(4―9月)の管内観光入り込み客数と外国人宿泊客数をまとめた。NHK連続テレビ小説「なつぞら」放送などの追い風を受け、入り込み客数は前年度同期比6.2%増の753万3500人で過去最高を記録。一方で外国人宿泊客数は台湾からの宿泊客数が14.2%減少したことなどを受け、2.4%減の5万9777人にとどまった。

 入り込み客の内訳を見ると、道内客は2.9%増の546万9400人、道外客は16.1%増の206万4100人と大きな伸びを見せた。

 入り込み客数が最も多かったのは帯広市で228万6500人。観光施設では、道の駅なかさつないが57万8100人と最多となった。上位10カ所の施設のうち8カ所で前年度同期の客数を上回っている。

 外国人宿泊客数では台湾が2万1693人で首位を守ったが、欧州への直行便などが就航した影響により前年度同期から3500人以上減少。昨年も2位の韓国は日韓関係悪化の影響によって、9月に75.4%減少するなど前年比4.3%減の9465人にとどまり、3位の香港との差はわずか10人に縮まった。

 商工労働観光課では、神田日勝記念美術館の来館者数が前年度同期の5倍以上となるなど、なつぞらの放送や大型連休が好天だったことが入り込み客数増に貢献したと分析している。

 三井真局長は「訪日客対策では1つの国に依存せず、幅広く十勝をアピールすることが必要。過去最高の結果にとらわれず高齢者や体が不自由な方にも優しい観光にも力を入れたい」と話した。(帯広)

(北海道建設新聞2020年1月29日付7面より)


関連キーワード: 十勝 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,593)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,312)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,092)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,906)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,260)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。