32人が2級土木施工管理検定に合格 帯広工高環境土木科

2020年02月03日 13時00分

試験研究が奏功 後輩の学習環境支援にも

 帯広工高環境土木科の3年生32人が、2019年度2級土木施工管理技術検定学科試験で合格を果たした。19年度から課題研究として試験研究班を立ち上げ、7人の生徒が過去問の傾向分析や予想問題作成に取り組んだ。その成果もあり、合格率は全国が56.6%のところ、同高では84.2%に達している。

ことしも多数の合格者を輩出した

 同科の3年生は課題研究として5つの研究班から興味のあるものに所属。流木の腐朽処理やUAV測量など地域業者とも協力した研究や取り組みを進め、生徒の進路選択にも影響を与えている。

 試験研究班の目的は、卒業後に働きながら他の資格を取る際にも役立つ勉強方法を学び、今後受験する後輩の学習環境を整えること。7人の班員は約20年分の過去問をパソコンに打ち込んで出題傾向を分析し、予想問題の作成や受験生へのアドバイスに活用した。

 試験は昨年10月27日に釧路市内で実施。緊張した生徒も多かったが、万全の準備もあって力を出し切れたという。

 合格した研究班の朝倉聖也さんは「先生方は忙しい中、補習や朝学習に付き合ってくれた」と感謝。卒業後は萩原建設工業(本社・帯広)に入社予定で「不慣れなことも多いだろうが勉強の経験を生かし、将来は皆に喜ばれる大きな構造物を造りたい」と夢を語った。

 指導した本多和也教諭は「みんなよく目標を達成してくれた。今後、社会人になって1級など他の資格に挑戦する際も今回の経験が生きるはず」と話している。(帯広)

(北海道建設新聞2020年1月31日付11面より)


関連キーワード: フレッシュ 人材育成 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,589)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,466)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,466)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,135)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。