地域の技術者養成へ高等技専入校奨励金を検討苫小牧市

2020年02月04日 12時00分

 苫小牧市は、道立苫小牧高等技術専門学院の入校者を対象に技能習得奨励金の創設を検討している。4月以降の入校者を対象に、1年次に教科書や作業服などの個別経費を助成する。一人当たり10万円、授業料免除者は5万円を予定。20年度当初予算案に経費として200万円を盛り込む。

 同高等技専は17年度から2年制となり、より高度な技術が習得できるようになった。また、地元業界団体から卒業生を雇用したいとの要望がある。

 金属加工科、機械科、電気工事科の3つの訓練科で構成し、年間授業料は18万4800円。入学金や授業料などを含み、初年度は30万―35万円ほどの経費が必要だという。

 市工業・雇用振興課では初年度に必要な経費に奨励金を活用してもらい、地域の技術者養成を促進したい考えだ。

 同高等技専の入校者数を見ると、19年度は定員30人に対し8人にとどまった。しかし、毎年、訓練生数の5倍前後の求人があり、直近5年間の就職率は80―90%と高い水準。うち70%以上が苫小牧市内に就職している。

(北海道建設新聞2020年2月3日付13面より)


関連キーワード: 人材確保 人材育成 学校 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。