地域の技術者養成へ高等技専入校奨励金を検討苫小牧市

2020年02月04日 12時00分

 苫小牧市は、道立苫小牧高等技術専門学院の入校者を対象に技能習得奨励金の創設を検討している。4月以降の入校者を対象に、1年次に教科書や作業服などの個別経費を助成する。一人当たり10万円、授業料免除者は5万円を予定。20年度当初予算案に経費として200万円を盛り込む。

 同高等技専は17年度から2年制となり、より高度な技術が習得できるようになった。また、地元業界団体から卒業生を雇用したいとの要望がある。

 金属加工科、機械科、電気工事科の3つの訓練科で構成し、年間授業料は18万4800円。入学金や授業料などを含み、初年度は30万―35万円ほどの経費が必要だという。

 市工業・雇用振興課では初年度に必要な経費に奨励金を活用してもらい、地域の技術者養成を促進したい考えだ。

 同高等技専の入校者数を見ると、19年度は定員30人に対し8人にとどまった。しかし、毎年、訓練生数の5倍前後の求人があり、直近5年間の就職率は80―90%と高い水準。うち70%以上が苫小牧市内に就職している。

(北海道建設新聞2020年2月3日付13面より)


関連キーワード: 人材確保 人材育成 学校 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,589)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,466)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,466)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,135)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。