北海道建設業協会が「ウポポイ休暇」導入 入場料も補助

2020年02月13日 13時00分

来場者100万人達成へ後押し

 北海道建設業協会は、4月24日に民族共生象徴空間(ウポポイ)が白老町内で開業するのに合わせ、見学に訪れる職員に対して特別休暇制度を導入する。入場料は家族分を含めて全額補助する。会員企業約600社に対しても休暇導入を呼び掛け、国が掲げる年間来場者100万人達成を後押ししていく方針だ。

 道建協は、職員にアイヌ文化への理解を深めてもらい、来場者100万人達成の目標を支援するため、特別休暇を設けることにした。山崎弘善専務理事は「多くの人にウポポイを訪問してもらい、アイヌ文化に親しんでもらうために考えた」と狙いを話す。

 会員企業でも集客面でサポートする動きが出始めている。ケイセイマサキ建設(本社・新冠)は、従業員の見学に対し有給休暇を付与するとともに、家族を含めて入場料を補助する。

 萩原建設工業(本社・帯広)は、従業員やその家族を対象にした日帰りのバスツアーを企画。5月連休明けに3―4グループに分けて訪問する予定だ。

(北海道建設新聞2020年2月12日付1面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,229)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,146)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,561)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,279)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,102)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。