日高自動車道大狩部トンネルが貫通

2020年02月15日 10時00分

 日高自動車道大狩部トンネルの貫通式が10日、新冠町内の現地で開かれた。施工する鹿島・宮坂建設工業共同体が主催。発注者の室蘭開建や地元自治体などを合わせ約170人が集まり、無事貫通を祝った。

 浦河町までの延伸を目指す、日高自動車道整備の一環。現在の終点である厚賀ICから続く大狩部地区に、延長2151mのトンネルを建設している。工期は2021年3月26日までで、請負額は94億1908万円。

 式典の冒頭、室蘭開建苫小牧道路事務所の阿部剛所長が掘削開始を合図。掘削機が稼働し、最後の土砂を取り払う映像が流れた。

 阿部所長は関係各社への謝意を述べ「工事を無事故無災害で終えられることを祈念する」とあいさつ。来賓の鳴海修司新冠町長は「日高道の整備は地域にとって極めて重要な課題。貫通式は今後の整備促進に大きな希望」と話した。

 続いて、鳴海町長、浦河労基署の高木俊介署長らが鏡開きし、乾杯。宮坂建設工業の金田幸一副社長兼札幌支社長の発声で万歳三唱し、喜びを分かち合った。

トンネルの無事貫通を祝った

(北海道建設新聞2020年2月13日付11面より)


関連キーワード: トンネル 日高 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,113)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,479)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,451)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,087)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。