JR北が業務ビル新築を断念 社外からの批判強く

2020年02月14日 14時00分

 JR北海道は本社ビル(札幌市中央区北11条西15丁目1の1)の隣接地[MAP↗]に業務ビルを新築する計画を断念した。経営再建中に大型投資をして新ビルを建てることに社外からの批判が強かったため。13日の記者会見で島田修社長が発表した。具体的な内容は明かせないとした上で「当社としては合理的な計画と考えていたが、予想を上回る批判があった」と述べた。

 昨年10月に公表した計画では、時間貸し駐車場にしている本社西隣の敷地にビルを建て、JR札幌駅西隣にある老朽化した業務ビルの設備を集約。空いたビルを解体して再開発し、新たな収入につなげる構想だった。現ビルは築40年で、北海道新幹線札幌開業に伴う新たな設備スペースも必要となる。

 島田社長は「老朽化した建物はいつまでも使い続けられない。建て替え・移転を諦めたわけではない」とし、時期をあらためて別の候補地を探す考えを明らかにした。

(北海道建設新聞2020年2月14日付2面より)


関連キーワード: JR北海道 企業 新築 移転

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,095)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。