石狩湾新港地域で20年度にコミュニティーバスの実証実験

2020年03月01日 10時00分

石狩市が新交通システム構築へ

 石狩市は2020年度、石狩湾新港地域[MAP↗]で働く人向けの新交通システム構築を目的に、ジャンボタクシーなどを利用したコミュニティーバスの実証実験に取り組む。夏季と冬季の2回に分け、夏季は5―6月に1、2週間をめどに実施する見通しだ。

 人口減少や高齢化の進行を踏まえ、持続可能な公共交通網の形成を目指して、市が18年度に策定した地域公共交通網形成計画(19―23年度)に盛り込む。

 各バス路線が集中する市本庁舎付近[MAP↗]と、企業が集積している協同組合石狩新港卸センター付近[MAP↗]をつなぐ経路で運行を予定。詳細なダイヤは今後検討するが、午前7―8時に市本庁舎発の3便、午後2―6時に新港地域発の5便を想定している。

 夏季の実験は乗車料金無料で実施。結果を踏まえ、運行方法や運賃などを検討し、1―2月の1カ月間を見込む冬季実験は有料で実施する方針だ。

 通勤手段の確保、移動手段が増えることで雇用増加、地域活性化につながることが見込まれる。

 また、石狩湾新港地域で働く人の約7割が市外から通勤しているが、新たな公共交通網が形成されることで、市内への移住増加の一助になることも期待している。

(北海道建設新聞2020年2月28日付16面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 地域交通

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,245)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,667)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,200)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,602)
当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (1,598)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。