通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去

2020年03月11日 13時00分

 大雪の影響で5日から通行止めとなっている国道236号野塚峠では、野塚トンネル広尾側坑口[MAP↗]付近で延長80㍍にわたって雪崩が発生した。維持を担う高堂建設(本社・帯広)が9日に除去作業を完了させたが、降雨や気温上昇による融雪が懸念されるため、通行止めは引き続き実施。2次被害防止へ細心の注意を払っている。

細心の注意で雪崩の除去に当たった(帯広開建提供)

 北海道開発局は5日午前5時、236号広尾町上トヨイ基線―浦河町上杵臼間(27・8㌔)の通行止めを開始。天気が回復した翌6日午前8時、現場入りした同社が雪崩を確認した。雪崩は道路や駐車帯を覆うほどで、延長80m、幅10―25m、厚さ2m程度と判明。体積は3000m³に上った。

 作業は日照のある時間帯に限られるため、午前7時から午後5時までの間に実施。バックホーと除雪ロータリー車各2台と人力除雪に当たる作業員4人を中心に総勢10人で6日から毎日、除去作業に取り組んだ。

 雪崩発生後は法面が不安定となり、作業時は2次被害の発生に細心の注意を払った。除雪を終えても、現場代理人の山内賢二維持第1課長は「雨の予報で先が見通せない」と話すなど、予断を許さない状況だ。

 2年前の同時期も大規模な雪崩が野塚トンネルを襲い、維持業者の懸命な作業が実を結んだ。十勝と日高の結節点として地域に欠かせない236号。安全で安心な道路の確保へ、抜本的な対策も急がれる。

(北海道建設新聞2020年3月11日付7面より)


関連キーワード: 十勝 日高 災害 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,557)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,461)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,140)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。