風来望4号機が完成 風力発電で全国初のリプレース

2020年03月24日 15時00分

完成式典は新型コロナウイルス対策で断念

 苫前町は22日に「苫前夕陽ケ丘風力発電所風来望4号機リプレース記念 完成式典」を企画していたが、新型コロナウイルス対策のため断念した。同町は、全国の風力発電事業の先駆けで、クリーンエネルギーのまちとしてPRしてきた。福士敦朗町長は「風力発電で全国初のリプレース。今後の再生エネルギーへの住民の期待を背負っていると思う。式典はさらなる起爆剤になると捉えていた」と、式典中止に無念さをにじませた。

苫前町のシンボルでもある「風来望4号機」

 町は、1998年から2000年にかけて国道232号日本海沿いの豊浦地区に風車3基を建設。出力は合わせて2200㌔㍗に上り、クリーンエネルギーを利用するまちとしてPRしてきた。

 その後、風車3基の減価償却期間が過ぎたことや、新風車「風来望4号機」の建設が決まったことを受け19年9月に解体・撤去。翌月には留萌港から新風車の部品輸送や、組み立て作業が始まった。新風車の建設地も豊浦地区だが、海側から国道を挟んだ山側となる。

 4号機はタワー高さ78m、最高到達点118m、出力は2300㌔㍗で、解体・撤去した3基分の出力を誇る。

 福士町長は、20年度に風力発電収入の一部を活用し町民に還元するため、ごみ袋価格の大幅な引き下げに取り組む。また、「町内会館や街灯の電気料補助、家庭用照明のLED化支援などを考えている」と、さらなる還元策を思案。町民の豊かな暮らしの実現に全力を注ぐ。

 一方で、今後の再生エネ普及の課題にも言及。「送電網がなければ再生エネは広がっていかない。再生エネ比率を高めるためにも、送電網拡充を国などに要望していきたい」と未来を見据えている。

(北海道建設新聞2020年3月23日付10面より)


関連キーワード: エネルギー 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,245)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,667)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,200)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,602)
当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (1,598)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。