民間の下水熱利用促進 札幌市がポテンシャルマップを公開

2020年03月30日 15時00分

 札幌市下水道河川局は、下水道管を流れる下水の持つ熱がどこに、どれだけあるかを示す「札幌市下水熱ポテンシャルマップ」を27日から公開する。市内の下水が持つ熱エネルギーの量や位置を示し、民間事業者による下水熱利用を促進する。

 市中心部を処理区域に持つ創成川、伏古川、豊平川、新川処理区の処理区ごとのマップのほか、中央区の区域のみを表示したマップを作製した。

中央区版の下水熱ポテンシャルマップ

 下水道管を流れる水は外気温よりも夏は冷たく、冬は温かいという特長がある。この温度差エネルギーを管路内から採熱し、ロードヒーティングや空調、給湯などの熱源として多くの場所で利用が可能だ。市では、北区篠路地区のバス停留所前[MAP↗]の歩道融雪に利用している。

 マップのほか、利用方法やメリット、設備導入に対する国の補助制度などの情報もホームページに掲載する。

(北海道建設新聞2020年3月27日付20面より)

関連リンク

下水熱の利用について/札幌市(別サイト)


関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏 下水道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,562)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,465)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,463)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,140)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。