感染拡大防止と社会経済活動両立へ 鈴木知事

2020年04月03日 09時00分

新型コロナ第2波を警戒

長期化を見据えた対応を述べる鈴木知事

 鈴木直道知事は1日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症について、帰国者から陽性反応が相次ぎ、首都圏では感染が広がっている状況から「第2波が来る」と警戒感を示し、道民や事業者に引き続き注意を喚起していく考えを述べた。

 長期化に伴い終息宣言の時期が見通せなくなる中、社会経済活動に関しては「難しいバランスを取りながら、感染拡大防止と両立できる環境を整えていく」と説明した。

 道独自の緊急事態宣言終了から2日で2週間を迎えるが、爆発的な感染拡大を抑えられていることに対して「道民が今の状況をつくっている。私の言葉に耳を傾け、行動してくれた。これからも力を合わせれば乗り越えていける」と強調した。

 また同日の道職員向けの訓示も、内容は新型コロナウイルスへの対応が中心になったが、その一方で、数々のプロジェクトが控えていることも指摘。「目線をしっかり未来に向けてポジティブに。北海道全体が元気を取り戻し、将来に向けて飛躍する1年になるよう前進していきたい」と話した。

(北海道建設新聞2020年4月2日付1面より)


関連キーワード: 北海道庁 新型コロナ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,553)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,471)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,461)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,141)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,005)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。