埋め立てから焼却処理へ 恵庭市の焼却施設が完成

2020年04月05日 10時00分

1日当たり56t処理可能

 恵庭市は1日、焼却施設の落成式を開いた。S造、地下1地上4階、延べ4204平方㍍の規模で、1日当たり56㌧を焼却可能。2016年9月に着工し、3月に完成した。工事費は49億5720万円。焼却時の排ガスの熱を利用しボイラで作った蒸気は場内電力やロードヒーティングに使うほか、下水終末処理場に送り有効活用する。

環境に配慮した最新設備を持つ焼却施設

 02年のごみ焼却場休止以来、資源物以外は埋め立て処理をしていた。最終処分場の用地に関する課題や環境への配慮から焼却施設を建設した。

 建設地は中島松461の1[MAP↗]。周辺には下水終末処理場、生ごみし尿処理場、汚泥乾燥施設がある。設計・施工は、エスエヌ環境テクノロジー・大林組・恵庭建設共同体、施工監理はドーコンが請け負った。

 全連続燃焼式ストーカ炉2炉を備え、煙突高40㍍。ごみピットは9日分貯留できる規模で、クレーンは一度に750㌔を焼却炉内に投入できる。

 また、プラットホーム入り口に設けたロードヒーティングは、排ガスの熱を使用した蒸気で作る温水を活用する。

 落成式で原田裕市長は「ごみ処理体系が変わる。多くの人に施設に来てもらい、どのようにごみが処理されるのか知ってもらいたい」と述べた。

(北海道建設新聞2020年4月2日付20面より)


関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.4k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.5k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。