AI活用しヒグマの獣害対策 斜里町で実証実験

2020年04月07日 15時00分

Zooops Japanが今春から

「全道での獣害情報の見える化と共有化を実現したい」と語る渡部社長

 IT企業のZooops Japan(本社・東京)が、この春から斜里町でヒグマのAIカメラの実証実験を開始する。同社は以前から町内でテレワークを実施しており、町スマート定住推進協議会のメンバーにも入っているなど、つながりが深い。獣害という地域の課題解決に向け、渡部佳朗社長は「AI画像認識技術とIoT技術を駆使し、観光地の安全性向上と農業被害の予測に貢献していきたい」と意気込んでいる。

 クマは知能が高く、侵入防止柵を設けても、柵の下を掘ったり、柵をよけたりして小麦畑に入る被害が出ている。このため実証実験では、クマかそれ以外の動物を認識できるカメラを複数箇所に設置。給電にソーラーパネルを活用し、クマを検知すると役場や関係機関などに注意喚起のメールを送るシステムとなっている。

 2015年から同町で始めたテレワークで、ヒグマの被害に悩む町民の声を知ったことが開発のきっかけ。「斜里ではクマと人の共存が一つのテーマ。次世代に斜里の魅力を残したいと考えている人が多く、その思いに共感した」(渡部社長)。

 実験期間は冬眠前の10月までを予定。出没時間や出没時の天候状況などのデータを積み重ねることで、漁獲量や農作物の収穫状況との因果関係が見えてくるという。

 獣害被害防止に向けた有効な手だてとして期待される一方で、課題もあり、渡部社長は「現在は試作品なので、雨や風などに耐える能力があるか、検証する必要がある」と指摘する。今後については「全道で獣害情報の見える化と共有化を実現したい。ICT産業と親和性の高い業界は多い。人材不足の解決など、さまざまな業界の発展に貢献していければ」と意欲的に話している。

(北海道建設新聞2020年4月6日付15面より)


関連キーワード: ICT オホーツク

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,532)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,337)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,067)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,895)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。