札幌市清田区里塚地区の道路復旧を公告 4月末開札

2020年04月16日 09時00分

工事費は3億円

 札幌市は、北海道胆振東部地震で大規模な土砂流出があった清田区里塚地区[MAP↗]の道路復旧工事3件を、きょう15日に総合評価方式一括審査Ⅰ型で公告する。延長約1・4㌔にわたって路盤や舗装などを実施する予定。4月末に開札し、2021年1月末ごろまでの工期で進める。工事費は合わせて約3億円を見込んでいる。

 液状化による地盤の流動化を抑制するため、里塚1条1、2丁目周辺の約4haを対象に、宅地や道路を一体的に復旧する対策工を計画。19年度は地盤改良を施した。

 道路復旧では路盤工のほか、車道、歩道に舗装を施すが、地下水位のせき上げ対策として道路部で進めている暗渠管の布設や上下水道工事とも工程を調整しながら進める考えだ。

 工事は3件に分割。幅員16mの里塚21号線は、国道36号から北野里塚旧道線までの延長370mが対象。これに里塚20、75号線の延長130m、幅員8mを合わせて発注する。

 単体発注となる里塚22号線は、延長390m、幅員10m。残る幅員8mの里塚23、28、29、30号線は、計490mを1件にまとめて公告する。

 20年度は道路復旧以外に、暗渠管布設や上下水道工事、里塚中央ぽぷら公園の地盤改良などを計画。21年度に予定する周辺公園の再整備を経て、完了となる見通しだ。

(北海道建設新聞2020年4月15日付12面より)


関連キーワード: 災害 胆振東部地震 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,670)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,394)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,908)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,763)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,355)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。