「ダイバーくん」コロナ対策を呼び掛け 白鳥建設工業

2020年04月29日 10時00分

ドライバーにコロナ対策を訴えるダイバーくんと斎藤常務

 白鳥建設工業(本社・留萌)の交通安全キャラクター「ダイバーくん」が、本社前の国道232号を利用するドライバーらに新型コロナウイルス対策を訴えている。交通事故防止を求めながらマスクを着用し密閉、密接、密集の3密防止を呼び掛けている。

 同社は8日に留萌市内で初の感染者が確認されたことを受け、9日に堀松誠社長を本部長とする対策本部を設置。10日には体調不良時の対応や、講習会などへの参加中止、現場事務所の換気、健康管理の徹底などを社員に周知した。

 また、マスクのほか、首下げタイプの空間除菌剤を配布し、社員の感染予防を強化している。

 「ダイバーくん」がコロナ対策を喚起するアイデアを出した斎藤秀樹常務は「大変な時期だが地域のみんなと協力して乗り越えていきたい」と話している。

(北海道建設新聞2020年4月21日付10面より)


関連キーワード: 企業 新型コロナ 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,670)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,394)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,908)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,763)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,355)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。