旧大沢小敷地活用で公共的団体に意向確認 室蘭市

2020年04月23日 15時00分

 室蘭市は、2019年度に閉校した旧大沢小の敷地について、公共的団体に対して活用意向の有無を調査中だ。既存建物の活用、解体した上での敷地活用案などを受け付けており、調査期間は28日まで。

 大沢2丁目21の6[MAP↗]に位置する大沢小は1941年の創立。グラウンドを含む約2万3000m²の敷地内には、校舎(RC造、3階、延べ4343m²、79年完成)と屋体(S造、2階、延べ882m²、80年完成)がある。

 同小は学校統廃合で20年度、海陽小に編入することになったため、3月に閉校となった。市では今後の活用見通しがないことから、公共的団体へ敷地の活用意向がないか調べている。

 公共的団体は、農業、森林、漁業などの協同組合、商工会議所など産業経済団体、老人ホーム、保育園、医療法人など厚生社会事業団体のほか文化事業団体といった公共的活動を営む者を指し、法人か否かは問わない。

 問い合わせは企画財政部管財課管財係、電話0143(25)2273まで。

(北海道建設新聞2020年4月22日付13面より)


関連キーワード: 学校 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,987)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,426)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,363)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,056)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (951)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。