建設業は充足率20.4% 20年3月の新規高卒者内定状況

2020年05月12日 15時00分

変わらぬ若者不足 求人と求職者のミスマッチも

 北海道労働局は、2020年3月の道内新規高卒者の就職内定状況をまとめた。内定率は前年同月比0.2ポイント上昇の98.6%と1986年3月卒の統計開始以来最高となった。一方で、建設業の充足率は前年度から0.2ポイント減の20.4%と、5年連続で3割を下回り、人手不足が続く。道労働局は、年度終盤から流行している新型コロナウイルス感染症の影響はなかったとしたものの、流行が長引けば来年度の採用に影響が出る可能性があると危機感を募らせる。

 20年3月卒の道内求職者数は、全産業で3%減の7169人、求人数は0.3%増の1万9005人だった。求人倍率は0.09ポイント上昇の2・65倍で、3月としては過去最高を記録した。内定者数は2.8%減の7070人で、このうち道内は83.8%に当たる5927人だった。前年同月と比べて1ポイント低下し、道外への人材流出が続いている。

 建設業への就職状況の推移を見ると、13年3月卒の求人数は1228人だったが、20年3月卒では3739人と8年間で3倍にも増加している。一方で、内定者数は13年3月卒が666人、20年3月卒が761人と8年で14.3%の増加にとどまった。

 充足率は13年3月卒で54.2%だったが、16年3月卒で3割を切り、20年3月卒では20.4%まで低下した。高齢化のため、技術者や技能者が減っているにもかかわらず、若者が入ってこず、人手不足が深刻化している。

 道労働局の担当者は、20年3月卒の求人は年度当初にほぼ出そろうため、新型コロナウイルス感染症の影響はないとしつつ、「新型コロナは、ほぼ全ての業種へ影響を及ぼしている。長引けば来年度の求人への影響が心配される」と懸念を示す。

 建設業の就職状況については、東京オリンピック関連工事や民間の大型工事など、景気回復に伴う道内外での工事量増加により新規高卒者の求人数が増加していると分析。一方で、求人側と求職者側とのミスマッチが起きていると指摘する。人手不足解消に向け、さらなる労働環境の改善など、魅力向上が求められている。

(北海道建設新聞2020年5月11日付1面より)


関連キーワード: 人材確保

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。