在宅勤務が困難な人向けに抗菌布マスク開発 R―e

2020年05月13日 10時00分

洗濯しても高い効果、ストッパーで耳への負担軽く

 北海道ポラコン100%子会社のR―e(本社・札幌)は、建設業の従事者など在宅勤務が難しい人向けに、抗菌仕様の布マスク「R―eマスク」を開発した。外側は抗菌素材、中側は粒子状物質を除去できるフィルター、内側は通気性に優れるメッシュの3層構造でできている。長時間着けても耳が痛くなりにくい仕様で、50回ほど洗濯しても抗菌効果は続く。12日からトライアル販売する。

50回ほど洗濯しても抗菌効果が続く

 外側の抗菌素材は寿産業(本社・札幌)のクレピアファイバーを利用する。カビなどに高い抗菌力を発揮するパウダーを練り込み、洗濯しても効果が長く続く繊維。繊維評価技術協議会の評価試験で、黄色ブドウ球菌や肺炎かん菌などに効果があることを確認している。

 内側はメッシュ構造で通気性がよく、表面は抗菌素材のため細菌などが繁殖しにくい。唾の吸着などによる臭いも抑える。ひも部分に調整用のストッパーを付け、長時間着けても耳が痛くなりにくいのも特長だ。

 テレワークや休業がしにくい建設業などに向け安心して使えるマスクがあればと考え、開発することにした。もともと介護施設向けにスタッフの衣服を製作していて、そこで使っていたクレピアファイバーを転用できないかと考えた。

 価格は3000円(税抜き)ほどを想定している。手作りのため1日の生産量は100枚弱。現状はデザインが本仕様でないため、まずは12日から1カ月ほどインターネットサイト(https://poracon.jp/r-e-mask)で1980円でトライアル販売する。商品の発送は5月末から順次進め、売れ行きによっては月産5000枚以上に生産数を高める考えだ。

 トライアル販売で集まった売り上げは、開発費と販売にかかる手数料を除き、全額を貧困家庭の子どもを支援する札幌市内のNPO法人に寄付する。正式販売後も「持続可能な社会の実現に向けた寄付付き商品」として売り上げの一部を寄付し、新型コロナウイルスで経済的な影響を受けている子どもたちの支援に役立ててもらう。

 中島康成社長は「建設業などテレワークができない人の不安解消につながり、コロナ禍で経済的に困っている家庭への助け合いツールになれば」と話している。

(北海道建設新聞2020年5月12日付3面より)


関連キーワード: 新型コロナ 新製品

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,989)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,422)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,363)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,056)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (951)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。