札幌・大通西4の道銀ビルと新大通ビルを一体開発 平和不動産

2020年05月13日 07時00分

再開発計画が浮上する道銀ビルと新大通ビル(右)

 平和不動産(東京都中央区日本橋兜町1の10、土本清幸社長)が、札幌市中央区大通西4丁目1にある北海道銀行本店が入る道銀ビルディングと、西側に隣接する新大通ビルディングの一体的な再開発を検討していることが、分かった。2023年度までの事業化を目指している。既に、道銀とは本店機能の方向性などを協議しているほか、新大通ビルを共同保有する北洋銀行とも、持ち分の取得について交渉しているようだ。実現すれば札幌駅前通と大通の四隅に面する大規模ビルとしては、最後の再開発となる。

 同社がこのほど策定した20-23年度中期経営計画の再開発事業案件に、札幌エリアでは地権者として参画する札幌駅南口北4西3地区と、道銀ビルの2つを盛り込んだ。新大通ビルは現在、北洋銀と共同保有のため対象となっていないが、平和不動産担当者は「正式には決まってないが可能性はある」と説明。持ち分の取得が決まれば、道銀ビルとの一体開発を視野に入れる。

 札幌における4年間での投資額は約100億円を想定する。この中に既存施設の解体費や、北洋銀からの新大通ビル持ち分取得の費用などを含んでいるもようだ。

 新施設の用途としては、オフィスやホテル、商業など複数の案から検討する。事業着手は今後4年以内を目標に掲げていて、新施設の着工については23年度以降となる見通しだ。

 新型コロナウイルス感染症の影響について同社担当者は「オフィスビルをメインに運営しているので、今のところ経営に問題はない。新幹線札幌開業に向け着々と計画を進めていければ」と話している。

 道銀ビルは1964年に竣工し、SRC造、地下3地上12階、延べ約2万8793m²の規模。西側の新大通ビルはSRC造、地下2地上10階、延べ1万7319m²で1979年に完成した。

(北海道建設新聞2020年05月12日付1面より)

再開発マップ札幌版へ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,050)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,863)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,751)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。