キウス周堤墓群の整備基本計画を策定へ 千歳市

2020年05月20日 15時00分

縄文遺跡を保存・活用 見学路整備や駐車場拡幅など想定

 千歳市は2020年度、キウス周堤墓群[MAP↗]の整備基本計画を策定する。世界遺産登録による来場者増加を見据え、歴史・文化的な価値が高い史跡を保存し有効活用を図るもの。駐車場拡幅や園路整備、ガイダンス施設建設などを想定しており、夏に設置する検討委員会の話し合いを基に整備内容を固める。

 中央2777ほかにあるキウス周堤墓群は、縄文時代に造られた北海道固有の集団墓。大規模な周堤墓が群集し、1979年には周堤墓8基など4・9㌶が国の史跡に認定された。

 また、縄文時代の遺跡を持つ千歳市や函館市など道内5市、青森県、岩手県、秋田県の6市3町は「北海道・北東北の縄文遺跡群」として21年度の世界文化遺産の登録を目指している。

 史跡の適切な保存、公開の方針や活用方法を定め、多くの人に見てもらおうと、19年度から保存活用計画の作成に着手。計画期間は20年度から10年程度で、ことし秋に取りまとめる見通し。整備基本計画の策定業務については早ければ6月に発注する。

 現在の駐車場はバス2台、乗用車30台分の広さで、春から秋までは仮設トイレを設置。園路にはウッドチップを敷いている。ただ、世界遺産登録に伴う見学者増加を見据えると、周堤墓を見学しやすい園路の在り方を考える必要がある。駐車場やトイレについても同様で、どのような受け入れ環境が適切なのか計画内で示す。

 このほか、長都42の1に位置する埋蔵文化財センターがガイダンス施設の役割を担っているが、周堤墓群から7㌔離れている。このため、周堤墓群敷地内に新たな施設が必要かどうかを検討委員会で話し合い、方向性をまとめる。

(北海道建設新聞2020年5月19日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。