マスクしてても涼しく 各社が熱中症対策品など提案

2020年05月21日 12時00分

 本州では気温が30度近い日があり、熱中症が気になる時期になった。ことしは新型コロナウイルス感染防止でマスクを着用する機会が多く、一段と気を付けなければならない。マスク着用でも過ごせる夏の冷涼グッズや熱中症対策品を紹介する。

北海道つくし工房が勧めるマイファンモバイル

 北海道つくし工房(本社・札幌)は、首に掛けて使う「マイファンモバイル」や、ミスト機能付きハンディーファン「クイッククール」を勧めている。マイファンモバイルは内蔵する羽根によって本体側面から空気を吸い上げ、首元に涼風を送る仕組み。単3形乾電池2本で動き、LOWモードなら30時間ほど連続使用できる。首から提げるほか、卓上のスポット扇風機として使うことが可能だ。

 スパイス(本社・名古屋)は、日傘の内側に扇風機が付いた「ファンファンパラソル」を販売する。傘生地の内側はUV99.99%カットで、コーティングによる遮熱効果もある。持ち手部分のスイッチを押せば上部から風が吹いてくるため、通勤時などの暑さ対策として重宝する。価格は5280円(税抜き)。

 サンコー(本社・東京)は、首に巻き付けて使う「ネッククーラーNeo」を発売した。電源を入れるとプレート部分が約2秒で冷え、冷えたプレートが首に当たることで涼しく感じる。手持ちのモバイルバッテリーで使えるUSB方式。小型の冷蔵庫と同じペルチェ冷却方式を採用し、長時間使用しても冷却効率が落ちにくい。価格は5980円(税込み)。

 モアナ(本社・神奈川県茅ケ崎市)は、マスク代用品になるクーリングタオル「ミッション」を提案する。角部分に設けたひもの輪を利用し、鼻と口をタオルで覆うフェースカバーとして使える。ぬらす、絞る、振るの3ステップで冷却効果を発揮。6月入荷予定で、価格は3400円(税抜き、全3色)。

 ミドリ安全(本社・東京)は、耐切創性と接触冷感を兼ね備えた「カットガード腕カバー・ブラック」シリーズに、ひも付きと親指掛けの2タイプを追加した。ユーザーの声を反映し、腕先部分がずれにくい2タイプを用意。東洋紡の高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ」をメイン素材に使い、従来品の2倍以上の冷感を実現した。価格は親指掛けタイプで5550円(税抜き)。

 井村屋(本社・津)が、マイボトルに入れて塩分補給する「ソルティプラス・レッドグレープフルーツ味」を発売した。ポーションタイプの希釈飲料。500㍉㍑ほどの水にポーション1個を入れて混ぜるだけで、クエン酸とナトリウムを含んだ熱中症対策のドリンクが簡単に作ることができる。価格はポーション5個入りで180円(税抜き)。

 日本気象協会は黒球付き熱中症計を使った対策を勧めている。5段階のLEDライトや暑さ指数(WBGT)を大画面で表示し、熱中症の危険性を通知する機械。熱中症の危険性に気付けるため、ホームページに特設の販売サイトを設け、企業や自治体、団体の積極的な導入を促している。

(北海道建設新聞2020年5月20日付3面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,987)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,426)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,363)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,056)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (951)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。