Construct Hokkaido

This page shows articles that have appeared in the Hokkaido Kensetsu Shimbun (Hokkaido Construction Journal) that have been translated into English.

More articles in English here.

Hokkaido ranked most popular part of Japan for Japanese

2020年06月17日 09時00分

Hokkaido continues to be ranked as the most popular area in Japan among Japanese people. According to a survey on the attractiveness of areas around Japan conducted annually by a private research company in Tokyo, Hokkaido ranked first in 2019 for the 11th consecutive year. Kyoto was ranked second and Tokyo third.

Hokkaido has a population of 5.24 million, the eighth largest of the 47 prefectures in Japan. It covers an area of 83,456 km² and is blessed with beautiful nature. Its population density is the lowest in Japan at 66 people/km², just one-ninth of that in Tokyo.

Its rich nature and delicious food attract many tourists. In FY 2018, 55.2 million people visited Hokkaido. The number of overseas visitors has also been increasing, from less than 1 million annually until FY 2012 to more than 3 million in FY 2018.

The average annual temperature is less than 10 degrees Celsius, and the winter low is below -10 degrees Celsius. Western Hokkaido in particular has a lot of snow and is home to many ski areas. Above all, the Niseko area has become popular as an international winter resort, attracting substantial foreign investment in businesses such as hotel development.

Hotels in the Niseko area

The economy of Hokkaido is relatively stable. Its gross domestic product in FY 2016 was approximately 19 trillion yen. The income per capita was 2,617,000 yen.

The main industry is the wholesale and retail trade, which accounts for 12.8% of total production. Other industries include real estate (11%), manufacturing (10.1%), and health and social services (10%), which refers to medical and nursing services. The percentage of the construction industry is 7.4%, which exceeds the national average of 5.6%.

The annual construction investment in Hokkaido in FY 2017 was approximately 3 trillion yen, which accounted for 5.5% of Japan’s total. Of this amount, private investment was 1,251.4 billion yen and public investment was 1,768.4 billion yen. There are 19,478 construction companies (constructors licensed by the government), of which 96% have a capital of less than 50 million yen.

The most developed city in Hokkaido is Sapporo, which has a population of 1.96 million. The Hokkaido Government and other administrative agencies, as well as numerous company headquarters, are concentrated in the city.

In the spring of 2031, Sapporo will be connected to Tokyo by the Shinkansen bullet train line. Operation of the Shinkansen started in the Hakodate area in southern Hokkaido in 2016, enabling people to travel from Tokyo Station to the area in just over four hours.

It is estimated that the economic effect of the extension of the Shinkansen to Sapporo will be 2.5 trillion yen during the construction period, and that there will be a positive impact of more than 140 billion yen per year after the opening of the section.

The City of Sapporo aims to host the 2030 Winter Olympic and Paralympic Games. The economic ripple effect of the Olympics in Hokkaido is expected to be 966 billion yen.

Investment in airport development in Hokkaido has also started. Since January 2020, a private company has operated seven airports in Hokkaido. This company plans to spend 429 billion yen to improve the airports over the next 30 years.

New Chitose Airport International Terminal Building

Please pay marked attention to the topic of economic development in Hokkaido.

(This article has been newly written for this page.)

Sources: “Regional Brand Survey 2019” (Brand Research Institute), “Hokkaido Economic Calculation” (Hokkaido Government), “Outline of the Construction Industry in Hokkaido” (Department of Construction, Hokkaido Government), “Current Status of Hokkaido Tourism 2019” (Department of Economic Affairs, Hokkaido Government)

日本語原文(The following is the original text written in Japanese.)

日本人に最も人気のある地域

 北海道は、日本人に最も人気のある地域です。東京の民間調査会社が毎年発表する魅力度ランキングによると、2019年、北海道は11年連続で首位になりました。2位は京都、3位は東京でした。

 北海道の人口は524万人で、日本に47ある都道府県の中で8番目の多さです。広さは8万3456㎢で、美しい自然に恵まれています。人口密度は日本で最も少なく、1㎢当たり66人。東京の9分の1です。

 豊かな自然と、おいしい食事が、多くの観光客を引き付けています。2018年度は5520万人が来道しました。外国人客も増えています。12年度までは外国人客は100万人未満でしたが、18年度は300万人を超えました。

 年間の平均気温は10度弱で、冬の最低気温はマイナス10度を下回ります。特に西側は積雪量が多く、スキー場がたくさんあります。中でもニセコ地区は、国際的な冬のリゾートとして人気を集め、ホテル開発など多くの事業に対して外国からの投資が続いています。

 北海道の経済は比較的安定して推移しています。道内総生産は約19兆円(2016年度)。道民1人当たり所得は261万7000円です。

 主要産業は卸売・小売業で、総生産の12.8%を占めます。ほかに多いのは不動産業(11%)、製造業(10.1%)、また、医療や介護サービスを指す保健衛生・社会事業(10%)などです。建設業の割合は7.4%で、全国平均の5.6%を上回ります。

 北海道の建設投資額は年間約3兆円(2017年度)。日本全体の5.5%を占めます。このうち民間投資は1兆2514億円、公共投資は1兆7684億円でした。建設会社の数は1万9478社(行政から許可を受けた建設業者)で、このうち96%が資本金5000万円未満です。

 北海道で最も発展した都市が、196万人が住む札幌市です。道を含む行政機関や、企業の本社が集積しています。

 2031年春、札幌は東京と新幹線で結ばれる予定です。北海道南部にある函館地区は16年に新幹線が開業し、東京駅から4時間強で人が移動できるようになりました。区間が札幌まで伸びると、新幹線建設期間中の経済効果は2兆5000億円、開通後も年間1400億円以上のプラスの影響があると試算されています。

 また札幌市は、2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指しています。五輪による道内の経済波及効果は9660億円と見込まれています。

 道内では空港整備への投資も始まりました。2020年1月から、道内7つの空港を1つの民間企業が運営しています。この企業は今後30年の間に4290億円を投じて各空港を整備する計画です。

 北海道の経済発展の話題に、ぜひ注目してください。

(この記事は書き下ろしです)

出典 ブランド総合研究所「地域ブランド調査2019」、道「道民経済計算」、道建設部「北海道における建設業の概要」、道経済部「北海道観光の現況2019」


Construct Hokkaido 一覧へ戻る

More articles in English here.

Contact us

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。