札幌市北24条大橋新設 東区側の桁架設を6月にも公告

2020年05月27日 10時00分

 札幌市は、豊平川に架かる仮称・北24条大橋[MAP↗]新設の東区側桁架設133mを6月下旬から7月上旬ごろに一般競争公告する予定だ。現在、先行着手した白石区側を施工中で、本年度に残りを整備して桁架設を終える計画。2021年度以降は床版架設、舗装整備を進める見通しとなっている。

 同橋は橋長318m、中央分離帯1mの両側に車道2車線6m、歩道3・5m、路側帯1m、地覆各0・4mを含む全幅22・8mで計画する。下部は壁式橋脚小判形3基と橋台2基で構成している。

 上部は4径間連続鋼細幅箱桁。本年度は未着手のA1橋台―P2橋脚間133mをクレーンで架設する。鋼材1300㌧を使用する見通しだ。

 成績重視型で公告する予定で、施工中のP2橋脚―A2橋台の区間が完了してから工事に入る。工期は21年3月まで。対象は土木A1等級を想定し、工事費は3億―4億円程度を見込む。

 札幌新道と環状通の豊平川横断部は交通量が多く、渋滞が常態化しているため、中間に位置する宮の森北24条通を延伸して豊平川に橋梁を新設する。事業延長は北1条雁来通から南7条米里通までの1160m、事業期間は22年度まで。総事業費は157億円で、このうち工事費は116億円を試算している。

 16年度に下部整備が完了し、17年度から桁と床版の製作、架設を進めている。橋梁前後の道路部については地盤改良を終えており、本年度は補強土壁などの構造物を施工する。

(北海道建設新聞2020年5月26日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,205)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。