おとなの養生訓

おとなの養生訓 第184回「オンライン飲み会」 気軽さと自由 新たな形

2020年06月01日 09時00分

 新型コロナウイルス感染拡大によって、外出自粛要請が出ました。学校も休校となり、会社も時差出勤、在宅勤務などが推し進められて、同僚と会う機会が激減しました。さらに、密集、密接、密閉を避ける意味もあって、飲食店への休業要請が出て、会食はほぼ絶滅となってしまいました。そんな中で、意外と広まっているのが、オンライン飲み会というものです。

 在宅勤務中に会議を行うために、一気に広まったテレビ電話システムあるいはアプリを活用して、お酒を片手にオンラインで井戸端会議をやろうというものです。

 一緒にお酒を飲んでいるわけでもないし、全員ほぼ自宅にいるのだから、会食に必要と思われる非日常性がないので、面白いわけはないと思っていたのですが、意外にも流行っているというのです。

 各自、好みのお酒やつまみを用意して、パソコンやスマートフォンの前に座ります。画面には参加した全員の画像が並び、声をそろえて乾杯。いろいろ話をしながら飲むわけです。もちろん、お酌なし。途中参加も中座も自由です。

 ただ、2、3人ではいいのですが、それ以上の人数になると、同時に複数の人が話し始めて、混乱が起こるとのこと。このため、幹事が司会をやる感じで進んでいくので、まさに会議になるそうです。これは、少し窮屈かな。

 利点か欠点か分からないのは、自宅で飲んでいるので、リラックスしてお酒の回りが早いということです。早々に出来上がる人が多く、眠ってしまって、反応しなくなったりするそうです。まあ、この辺りは、深夜の居酒屋の状況と同じでしょうか。でも、自宅でつぶれているので、安心といえば安心ですが…。

 しかし、全く宴会ができなくなった状況で、こうしたことを考え出すというのは、驚きです。ドライになった、宴会に行きたがらないと、年配の方々から聞いていましたが、若い人は、それなりに宴会を必要としていたということでしょうか。

 出入り自由、お金は各自持ち、お酌して回る必要なし。面倒くさいことがない、気軽で自由な宴会が必要だったのです。だいたい、宴会が堅苦しいって、根本的に間違っていますね。

 今後、自粛の必要がなくなり、夜の街が活気を戻したとき、宴会の内容は大きく変わっている気がします。きっといい方向です。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,257)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。