道内ガソリン価格が値上がり 行動規制緩和で需要環境改善

2020年06月08日 10時00分

6月1日現在 平均124・4円に

 道内ガソリン価格が修正局面を迎えている。記録的な原油安から5月上旬まで値下がりが広がっていたが、中旬から値上がりに転じた。欧米を中心に新型コロナウイルスによる行動規制の緩和が進み、石油製品の需要環境が改善したことで原油相場が回復。石油元売りの製造コスト上昇で卸価格が引き上がり、販売価格を是正する店舗が相次いだ。札幌市内は一時100円割れのスタンドもあったが、6月に入り120円台が大勢にある。

 資源エネルギー庁によると、6月1日現在の道内レギュラーガソリン平均価格は1㍑当たり124・4円で前週比3・2円上昇した。3週連続の値上がり。5月は上旬に6・4円と大幅値下がりしたが、中旬以降は立て続けに値上がりしたため、月の変動幅は0・5円の下落に収まった。

 軽油は107・4円で3・1円上昇した。5月上旬に97・9円まで下がり2016年5月以来の90円台に突入したが、中旬から反転し、再び100円台に戻った。

 低迷していた原油相場の反転が要因。4月に米国産標準油種WTIの先物相場で史上初のマイナスをつけるなど低空飛行を続けたが、5月下旬になって30㌦台後半まで回復し、先高観が強まっている。

 原油相場の回復は、欧米で新型コロナウイルスによる行動規制が緩和され、ガソリンなど石油製品の需要環境が改善したことが大きい。サウジアラビアやロシアなど産油20カ国で構成するOPECプラスが5月1日から協調減産を再開したことも材料となった。

 札幌市内は5月上旬まで100円を割り込むガソリン価格が散見されたが、石油元売りの卸価格上昇を受けて、中旬からコスト転嫁を進める店舗が目立った。6月入りした現状は120―125円が中心値となっている。販売競争の激しい旭川や函館も徐々に是正が進んでいるという。

 上川管内のガソリンスタンド業者は「新型コロナウイルスによる外出自粛が徹底されたため、4、5月のガソリン販売は壊滅的な状況だった。販売量で稼げない分、どこの店舗もマージン(利幅)を重視している。安売りは今後厳しいのでは」と話している。

(北海道建設新聞2020年6月5日付3面より)


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,593)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,312)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,092)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,906)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,260)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。