道の駅にAI搭載のデジタルサイネージ設置 室蘭市

2020年06月09日 10時00分

客層分析でニーズ把握 魅力ある施設に

 室蘭市は1日から、道の駅みたら室蘭にAI技術を搭載したデジタルサイネージを6台設置した。カメラに映った画像を解析し、訪れた客の年齢、性別、個人団体などを見分ける機能を持つ。道の駅の飲食メニューや売店の品ぞろえのラインアップを、より実際のニーズに合致させていくためのデータを集積する。

客層データの集積機能を持つデジタルサイネージ

 みたら室蘭は祝津町4丁目16[MAP↗]に位置。内部改修などを実施して2019年4月にリニューアルオープンしたが、一新した飲食ブースや土産物屋が好評で、白鳥大橋を展望でき市立水族館が隣接する立地条件も相まって、近年は有力な市内観光スポットとなっている。

 今回のデジタルサイネージ設置は、AI技術開発のニューラルポケット(本社・東京)との協業。駅内には正面玄関ホール1台、売店2台、喫茶コーナー1台、食堂1台、コーヒー店1台の計6台を設置し、それぞれの顧客の傾向を、内蔵カメラで撮影した画像で解析する。解析後、画像は破棄される仕組み。

 丸田之人観光課長は「獲得したデータによって、年代に合った飲食メニューやお土産を増やし、より魅力ある施設にしていきたい」と話している。(室蘭)

(北海道建設新聞2020年6月8日付11面より)


関連キーワード: 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。