ほ場や農道整然と 十勝開墾の農場全図がビート資料館で公開

2020年06月09日 15時00分

 清水町熊牛地区などの開墾を目的に、渋沢栄一らが設立した十勝開墾合資会社に関連する大正期の農場図が、帯広市内の日本甜菜製糖ビート資料館[MAP↗]で公開されている。区画整理されたほ場、農道、テンサイの運搬に使われていた私設の河西鉄道などが確認でき、清水政勝館長は「当時を知る上でとても貴重な資料」と話している。

開拓期の様子が伝わる地図

 「十勝開墾株式会社農場全図」と名付けられたこの地図は、5万分の1の縮尺で、会社経営が明治製糖に移った直後の1925(大正14)年に作られた。東京都内の日本甜菜製糖本社に保存されていたが、ことし3月、他の図書と一緒に資料館に送られてきたため、清水館長が補修して公開した。

 1897(明治30)年に設立された十勝開墾合資会社は清水町熊牛地区などの原野4270haを開墾し、株式会社への改組を経て明治製糖に事業を譲渡。地図は「明治製糖が所有していた図書の中にあったのではないか」(清水館長)という。

 十勝川の両岸に整然と区画整理されたほ場、地区内を南北に伸びる農道、河西鉄道の駅や線路が確認できる。
 清水館長は「周辺地域がまだ原野だったころ、早くから民間資本によって開拓が進められたことを示す資料。多くの人に見てもらいたい」と話している。(帯広)

(北海道建設新聞2020年6月1日付9面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,042)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,191)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,504)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,153)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,152)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。