ニセコ町の宿泊税条例制定を延期 片山町長が方針示す

2020年06月23日 14時00分

 ニセコ町の片山健也町長は18日の第2回定例町議会一般質問で、宿泊税導入に向け2021年3月に予定していた関連条例制定を延期する方針を示した。新型コロナウイルス感染症の影響で宿泊事業者との協議が進んでいないため、目標としていた22年6月の導入も見送る考えだ。

 町は17年に宿泊税の本格的な検討を開始。庁内での議論や道との調整を進め、定額制を原則採用する方向性を固めていた。

 しかし、3月に開催予定だった宿泊事業者との会議が新型コロナウイルスの影響を受け開催できず、地域経済の先行きも不透明なことから20年度内の条例案提出を断念。施行には1年程度の準備期間を要するため、導入開始も延期する。

 片山町長は「導入に向けて今後も検討や合意形成の作業は進めていきたい」と述べ、導入時期は感染症の収束や経済の回復状況を見極めながら判断するとした。

(北海道建設新聞2020年6月22日付11面より)


関連キーワード: 後志 新型コロナ 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,042)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,191)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,504)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,153)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,152)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。