優秀賞に東川小など道内から3件選出 第17回公共建築賞

2020年07月05日 10時00分

 公共建築協会は2日、第17回公共建築賞の受賞作品を発表した。北海道地区からは生活施設部門で東川小・東川町地域交流センター[MAP↗]、訓子府町幼保連携型認定こども園わくわく園[MAP↗]、道札幌視覚支援学校[MAP↗]の3件が優秀賞に選出。また、地域特別賞として江別市のEBRI(エブリ)[MAP↗]が選ばれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止を鑑み、表彰式は開催を見送る。

東川小・東川町地域交流センター[MAP↗]


訓子府町幼保連携型認定こども園わくわく園[MAP↗]


道札幌視覚支援学校[MAP↗]


地域特別賞のEBRI(エブリ)[MAP↗]

 同賞は公共建築の総合的な水準向上を図る目的で2年に一度表彰を実施。竣工後3年以上が経過した公共施設を対象に全国で応募された89点から32点の優秀賞を選定した。

 道内の受賞はいずれも生活施設部門で、東川小・東川町地域交流センターは設計がアトリエブンク・中原建築設計・柴滝建築設計・IA研究所共同体、小学校の施工が新谷建設・橋本川島コーポレーション・荒井建設・小岩組共同体と畠山建設・盛永組・高組共同体、地域交流センターの施工が吉宮建設・廣野組共同体だった。

 訓子府町のわくわく園は設計を久米設計、施工を北成建設・久島工業・丸建工業共同体が担当。道札幌視覚支援学校は設計がアトリエブンク・環境設備計画共同体、校舎の施工に岩倉建設・石山組共同体、岩田地崎建設・鈴木東建共同体が当たったほか、敷地内の建築物に多くの道内企業が参画した。

 北海道地区審査委員会が独自に選ぶ地域特別賞には江別市のEBRI(設計・ストアプロジェクト、施工・宮坂建設工業)を選定した。

(北海道建設新聞2020年7月3日付4面より)


関連キーワード: 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,737)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,275)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,968)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,550)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,300)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。